家族葬について トップ

家族葬について トップ

こんにちは。私は、葬儀の仕事に携わるようになって5年ほどになる主婦です。

「葬儀の仕事」というと、何か特別な感じ方をされる方もいらっしゃるかもしれませんが、
私がこの仕事を行うようになったきっかけは、大した意味などありませんでした。
でも、今となっては、この仕事を選んで本当に良かったと思って、毎日仕事を行っています。
そんな日々の葬儀の中で、私が思う事は、自分の最後の迎え方です。
最近の葬儀の特徴は、以前のような一般的な葬儀に加えて、家族葬などの件数も多くなってきています。
反対に若くして亡くなった人は盛大な葬儀で送られる事も、良く見受けられます。
そんな色々な葬儀に携われば携わすほど、自分はどのような葬儀で最後を迎えたいかと考えるようになってきたのです。
私には、大学生になる子供2人と主人がいます。
その家族にどのように見送って欲しいのか、その事を今のうちに考え、
子供たちに伝えておきたいと思っているのです。
その考えは、正直、今これを読んでくださっている人にも、是非、おススメしたいと思います。
「そんな縁起の悪い!」と思われる人も多いと思いますが、
是非、これを機に自分の最後を真剣に考えてみてはいかがでしょうか?
例えば、葬儀に参列してほしい人は、誰ですか?
自分が参列してほしいと思っている人をご家族が把握しているとは限りません。
また、棺の中に一緒に入れて欲しいと思うものはないですか?
実際、この事を、最後まで悩まれる遺族の方もいます。

それと同じように悩まれることが多い写真。
最後、自分が一番良いと思っている写真を使ってほしいとは思いませんか?
もし、そのような写真があるのなら、是非、ご家族に伝えておくと良いと思いますよ。
自分が気に入っている写真と家族が良いと思う写真は違うかも知れませんからね。
もっと、詳しく言えば、葬儀の規模やその後の法事の事など、自分で決める事ができる事は、たくさんあります。
自分に希望などなく、家族にお任せと言う人でも、
家族の事を思うなら、少しは考え伝えておくことも大切かと葬儀の仕事に携わっている私は思います。

突然訪れる家族の死。その時、冷静に判断する事ができる家族などいません。
たいていの場合が、葬儀社の言う通りの運びになってしまいます。
そうならない為にも、今のうちから家族に伝えておくだけで、自分の希望通りの葬儀を行う事ができ、
また残された家族も助かる事になるのです。
ぜひ、一度考えてみてはいかがでしょう?
そうすることで、きっと、素晴らしい最後を迎える事ができると思いますよ。

このサイトが、葬儀のお悩みの方にとって、少しでもお役にたつと嬉しいです。